白熱の室内楽!
藤木大地&みなとみらいクインテット  ソワレ(夜公演)

主催・共催公演

昼と夜でメンバーチェンジ! 歌手藤木大地のもとに豪華なソリストが集い妙技を競う白熱のコンサート

 男性がファルセット(裏声)によって女性の声域を歌う。それが、カウンターテナーです。
世界を代表するカウンターテナー藤木大地と名手ぞろいのピアノ五重奏による室内楽コンサート。ソリストたちの輝く音色が藤木の柔らかな声と響き合う極上の1時間をお届けします。昼と夜のコンサートでは曲目も出演者も入れ替わります。ぜひ、2公演通してお楽しみください。
横浜みなとみらいホールという音響の優れた室内空間を活かし、濃密なソロリサイタルのような瞬間も、合奏の響きとともに透き通るようなうたが染み渡る瞬間も楽しめる魅力的な編成です。なお、この企画は、広島県三原市、新潟県新潟市、奈良県大和高田市、神奈川県横須賀市でのネットワークを予定しております。


▸マチネ(昼公演)の詳細はこちら


チケット購入はこちら 出演者プロフィールはこちら

公演情報

日時 2023年2月16日(木) 19:00開演(18:30開場)
会場 小ホール
出演 カウンターテナー:藤木大地
ヴァイオリン:長原幸太
ヴァイオリン:辻彩奈
ヴィオラ:川本嘉子
チェロ:辻本玲
ピアノ:萩原麻未
曲目 ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲 イ長調 Op. 81, B. 155より第3楽章
ベートーヴェン:アデライーデ Op. 46
フォーレ:リディア Op. 4 No. 2
プーランク:美しき青春
モノ―:愛の讃歌
ヴォーン゠ウィリアムズ:静かな真昼
マーラー:交響曲6番 イ短調「悲劇的」より第3楽章
村松崇継:生命の奇跡
木下牧子:夢みたものは
アーレン:オーバー・ザ・レインボー
J. S. バッハ:満ち足れる安らい、うれしき魂の悦びよ
料金 全席指定
単独券:3,500円
2公演通しチケット:6,000円

未就学児入場不可
主催横浜みなとみらいホール(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)
共催横浜アーツフェスティバル実行委員会
助成文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能活性化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
チケットお取り扱い
お問合せ 横浜みなとみらいホールチケットセンター :045-682-2000
営業時間:電話 10:00~17:00/窓口 11:00~19:00(休館日・保守点検日を除く)

藤木大地&みなとみらいクインテット

★2公演通しチケットのご案内

昼と夜のコンサートでは曲目も出演者も入れ替わります。ぜひ、2公演通してお楽しみください。

2公演セット券 6,000円
*お席は2公演同じ座席となります。

横浜市民先行販売 10月17日(月) インターネット先行販売 10月21日(金) 一般販売 10月25日(火)

出演者プロフィール
藤木大地(ふじき・だいち|カウンターテナー) / プロデューサー in レジデンス
2017年、オペラの殿堂・ウィーン国立歌劇場にライマン『メデア』ヘロルド役で鮮烈にデビュー。 東洋人のカウンターテナーとして初めての快挙で、大きなニュースとなる。国内では、主要オーケストラとの公演や各地でのリサイタルがいずれも絶賛を博している。バロックからコンテンポラリーまで幅広いレパートリーで活動を展開し、絶えず話題の中心に存在する、日本が世界に誇る国際的なアーティストのひとり。 洗足学園音楽大学客員教授。横浜みなとみらいホール プロデューサー2021-2023。


ⓒ平舘平

[チーム・ソワレ]

長原幸太(ながはら・こうた|ヴァイオリン)
1981年、広島県生まれ。東京藝術大学、ジュリアード音楽院で学ぶ。全日本学生音楽コンクール全国第1位、ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール17歳以下の部第3位、日本音楽コンクール最年少優勝等、入賞歴多数。日本各地の主要オーケストラや、小澤征爾、岩城宏之、秋山和慶、ゲルハルト・ボッセといった名指揮者と共演。ソリスト以外にも室内楽奏者、オーケストラのゲストコンサートマスターとしても活躍。さらに、東京・春・音楽祭、別府アルゲリッチ音楽祭、宮崎国際音楽祭、木津川やまなみ国際音楽祭等、各地の音楽祭にも出演。広島市長賞「広島フェニックス賞」、東京藝術大学・福島賞等、受賞多数。2004年9月、大阪フィルハーモニー交響楽団首席客演コンサートマスターに就任、06年4月~12年3月まで首席コンサートマスターを務め、14年10月より読売日本交響楽団コンサートマスターに就任。





©読売日本交響楽団
辻彩奈(つじ・あやな|ヴァイオリン)
1997年岐阜県生まれ。2016年モントリオール国際音楽コンクール第1位。モントリオール響、スイス・ロマンド管、N響など多くの国内外のオーケストラと共演している。第28回出光音楽賞受賞。小林健次、矢口十詩子、中澤きみ子、小栗まち絵、原田幸一郎、レジス・パスキエの各氏に師事。東京音楽大学卒業後、同大学アーティストディプロマに特別特待奨学生として在籍中。使用楽器は、NPO法人イエローエンジェルより貸与のJoannes Baptista Guadagnini 1748である。


©Makoto Kamiya
川本嘉子(かわもと・よしこ|ヴィオラ)
1992年ジュネーブ国際コンクールビオラ部門で最高位受賞。他多数の賞を受賞した。 室内楽ではアルゲリッチ、バシュメット等世界一流のソリストたちと共演。ソリストとしてはガリー・ペルティー、フルネなど著名な指揮者と共演し絶賛を博す。東京都交響楽団では首席奏者を務め2021年までNHK交響楽団の首席客演奏者を歴任。現在は演奏活動のみならず、小澤音楽塾や愛知室内オーケストラなどで後進の育成にも力を注いでいる。


©島崎 陽子



辻本玲(つじもと・れい|チェロ)
NHK交響楽団首席チェロ奏者。東京藝術大学音楽学部を首席で卒業。 その後ロームミュージックファンデーションより奨学金を得て、シベリウス・アカデミー、ベルン芸術大学に留学。 2003年、第72回日本音楽コンクール第2位、併せて「聴衆賞」。 2009年、第2回ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール第3位入賞(日本人最高位)、併せて「日本人作品最優秀演奏賞」。 メタ・ワッツ、オーランド・コール、川元適益、上村昇、山崎伸子、アルト・ノラス、アントニオ・メネセスの各氏に師事。 


©島崎 陽子
萩原麻未(はぎわら・まみ|ピアノ)
2010年第65回ジュネーヴ国際コンクール〈ピアノ部門〉において、日本人として初めて優勝。第27回パルマドーロ国際コンクールにて史上最年少の13歳で第1位。 文化庁海外新進芸術家派遣員としてフランスに留学。 現在、日本、フランスを中心に、スイス、ドイツ、イタリア、ベネズエラ、ベトナムなどでソリスト、室内楽奏者として演奏活動を続けている。これまでに、国内主要オーケストラのほか、スイス・ロマンド管、フランス国立ロワール管、南西ドイツ放送響などとも共演を重ねているほか、フランスのラ・ロック・ダンテロン等の様々な音楽祭にも招かれている。 広島市民賞、第22回新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞、第22回出光音楽賞、第46回東燃ゼネラル音楽賞(奨励賞)など多数受賞。 


©Marco Borggreve