横浜みなとみらいホール出張公演
【公演中止】大関万結(ヴァイオリン)× 神奈川フィルハーモニー管弦楽団メンバー(弦楽五重奏)

主催・共催公演

【公演中止のお知らせ】

出演予定の大関万結の体調不良により、やむを得ず公演を中止させていただくことになりました。
本公演を楽しみにお待ちいただいた皆様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
詳細はこちらをご覧ください。

俊英ソリストと弦楽五重奏で聴くヴァイオリン協奏

 凛とした芯の強さが光る大関万結。横浜市出身であり、生まれ育った地での演奏に期待が高まります。 弦楽五重奏には、横浜で定期公演を開催し、"神奈川の文化のシンボル"として親しまれている神奈川フィルハーモニー管弦楽団のメンバーを迎えます。 ソリストと室内楽が調和するアンサンブルをお楽しみください。 

チケット購入はこちら 出演者プロフィールはこちら


公演情報

日時 2022年5月31日(火) 15:00開演(14:30開場)
会場 戸塚区民文化センター さくらプラザ・ホール
出演 ヴァイオリン:大関 万結
神奈川フィルハーモニー管弦楽メンバー(弦楽五重奏)
 ヴァイオリン:合田 知子 、村松 伸枝
 ヴィオラ:鈴木 千夏
 チェロ:迫本 章子
 コントラバス:松隈 崇宏
曲目 モーツァルト:ディヴェルティメント ヘ長調 K. 138 (弦楽五重奏)
R. シュトラウス:歌劇《ばらの騎士》 Op. 59 より 〈ワルツ〉*
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第 3 番 ト長調 K. 216 * (*=ヴァイオリンと弦楽五重奏)
料金 全席指定
全席:3,000円

未就学児入場不可
主催横浜みなとみらいホール(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
チケットお取り扱い
お問合せ 横浜みなとみらいホール仮事務所チケットセンター:045-682-2000
営業時間:月~木、11:00~16:00(祝日・休業日を除く)
出演者プロフィール
大関 万結(おおぜき・まゆ|ヴァイオリン)
2000年横浜市生まれ。3歳よりヴァイオリンを始め、篠崎史紀、岩崎裕子の各氏に師事。2013年第67回全日本学生音楽コンクール中学校の部全国大会第1位、併せて東儀賞・兎束賞受賞。14年横浜市教育委員会より表彰。17年には第5回ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリン・コンクールファイナリスト及びディプロマ賞受賞。また第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオン・コンクールにおいて新曲演奏を高く評価され、授賞式にて演奏を依頼される。さらに、第86回日本音楽コンクール第1位、併せて岩谷賞(聴衆賞)、レウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞、全部門を通じて最も印象的な演奏に贈られる増沢賞を受賞。18年東京都知事賞、横浜文化賞文化・芸術奨励賞を受賞。これまでに、東響、東京フィル、都響、神奈川フィル、セントラル愛知響、群響と共演。 桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業。現在ロームミュージックファンデーション奨学生として、ウィーン私立音楽芸術大学で研鑽を積んでいる。 【平成30年度 横浜文化賞文化・芸術奨励賞 受賞者】


ⓒノザワヒロミチ
神奈川フィルハーモニー管弦楽団(弦楽五重奏)
1970年に発足。地域に密着した音楽文化の創造をミッションとして、神奈川県全域をはじめ、全国各地で幅広い活動を続けている。1978年に一般財団法人、2014年には公益財団法人として認定されている。 横浜を中心とする定期演奏会などの主催公演に加えて、県内各地で地域との協力による特別演奏会を開催。音楽教育にも積極的で、小中学校での音楽鑑賞教室を全国各地で開催し、0歳からのコンサートなど広い世代に音楽の魅力を伝え、神奈川フィルの支援者を増やす取り組みを行っている。現在、指揮者陣には、名誉指揮者に現田茂夫、特別客演指揮者に小泉和裕、常任指揮者に川瀬賢太郎を擁している。2020年には創団50周年を迎えて、実力、人気ともに、益々注目されているオーケストラである。

合田 知子(ごうだ・ともこ|ヴァイオリン)
村松 伸枝(むらまつ・のぶえ|ヴァイオリン) 
鈴木 千夏(すずき・ちなつ|ヴィオラ)
迫本 章子(さこもと・しょうこ|チェロ)
松隈 崇宏(まつくま・たかひろ|コントラバス)