パイプオルガンと横浜の街2022
大平健介 パイプオルガン・コンサート

主催・共催公演


日本で初めてパイプオルガンが建造された街、横浜には、 現代も数多くのパイプオルガンが音色を響かせています。 そんな楽器を訪ねながら、横浜の街の魅力を再発見できる好評企画 「パイプオルガンと横浜の街」を、2022年も開催します。

明治学院大学横浜キャンパス チャペルでは、オランダのフレントロップ社製パイプオルガンを、同大学横浜主任オルガニストが奏でます。

 出演者プロフィールはこちら






公演情報

日時 2022年10月8日(土) 13:30開演(13:10開場) / 15:00開演(14:40開場)
会場 明治学院大学 横浜キャンパス チャペル
出演 パイプオルガン:大平 健介
曲目 M. ヴェックマン:第1旋法による5声の前奏曲 ニ短調
G. ムファット:《オルガニストのための曲集》より 〈シャコンヌ〉
J. K. ケルル:パッサカリア ニ短調
B. マッター:コラール《われ神より離れず》 による幻想曲
J. S. バッハ:幻想曲 ト長調 BWV 572
料金 全席自由 無料
(各回先着90名・要事前申込)
未就学児入場不可
主催横浜みなとみらいホール(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
協力明治学院大学
チケットお取り扱い Peatixにてお申込みください。※会員登録が必要です。

9月5日(月)11:00受付開始
お問合せ 横浜みなとみらいホール仮事務所チケットセンター:045-682-2000
営業時間:月~木、11:00~16:00(祝日・休業日を除く)
公演チラシ2,214KB

【ご注意ください】
*駐車場はございません。自転車等での来場はご遠慮ください。
*大学には正門からご入構ください。

★新型コロナウイルス感染症対策への取り組みについてはこちらをご確認ください。 


出演者プロフィール
大平 健介(おおひら・けんすけ|パイプオルガン)
横浜市出身。東京藝術大学及び同大学院卒業。DAAD給費留学生としてヴュルツブルク及びミュンヘン音楽大学にて教会音楽と現代音楽を学ぶ。文化庁新進芸術家海外研修員。2016年IONニュルンベルク国際オルガンコンクール優勝。アンサンブル室町芸術監督及び明治学院大学横浜主任オルガニスト。
©Verena Ecker