横浜みなとみらいホール出張公演 横浜18区コンサート 第Ⅱ期
河村尚子(ピアノ)× 読売日本交響楽団メンバー(弦楽五重奏)

主催・共催公演

世界で活躍するソリストと精鋭弦楽五重奏が贈る 平日午後のコンサート

~室内楽で聴く協奏曲の愉しみ~

横浜みなとみらいホール休館期間中に、横浜市内各所の文化施設を巡り、ゆかりあるソリストとオーケストラメンバーと共に贈る「横浜18区コンサート」。
今回のソリストは、ドイツを拠点に国際的に活躍し続け、色彩感あふれる音楽で魅了する河村尚子。弦楽五重奏には、2006年より横浜で定期的に公演を開催している読売日本交響楽団のメンバーを迎えます。 多彩な音色と表現豊かな演奏で、感情表現に優れたシューマンのピアノ協奏曲を披露します。室内楽版だからこそ、親密な音楽の対話をお楽しみください。


チケット購入はこちら 出演者プロフィールはこちら

公演情報

日時 2022年8月30日(火) 15:00開演(14:30開場)
会場 神奈川県民ホール 小ホール
出演 ピアノ:河村 尚子
読売日本交響楽団メンバー(弦楽五重奏)
 ヴァイオリン:長原 幸太[コンサートマスター] ほか
曲目 モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク K. 525より 第1楽章(弦楽五重奏)
ドヴォルザーク:弦楽五重奏曲 第2番 ト長調 Op. 77より 第3楽章、第4楽章
シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 Op. 54(ピアノと弦楽五重奏)
料金 全席指定
:3,000円

未就学児入場不可
主催横浜アーツフェスティバル実行委員会
横浜みなとみらいホール(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
共催横浜市
協力神奈川県民ホール
広報協力公益財団法人読売日本交響楽団
チケットお取り扱い ◎チケットかながわ:0570-015-415(10:00-18:00)
お問合せ 横浜みなとみらいホール仮事務所チケットセンター:045-682-2000
営業時間:月~木、11:00~16:00(祝日・休業日を除く)
公演チラシ4,592KB
出演者プロフィール
河村 尚子(かわむら・ひさこ|ピアノ)
ミュンヘン国際コンクール第2位、クララ・ハスキル国際コンクール優勝。ドイツを拠点に、リサイタルのほか、日本でもヤノフスキ指揮ベルリン放送響、ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィル等のツアーに参加。文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞ほか、2020年には第51回サントリー音楽賞を受賞。主なCDに「ショパン:24の前奏曲&幻想ポロネーズ」、「月光」「悲愴」を含む待望のベートーヴェンのCDを2019年にリリースし、続けて10月にはベートーヴェンの「熱情」等を収めたCDをリリース、また12月には最新譜を発売予定。(RCA Red Seal)。これまで、ウラディーミル・クライネフ、澤野京子、マウゴルジャータ・バートル・シュライバーの各氏に師事。現在、 ドイツ・エッセンのフォルクヴァング芸術大学教授、東京音楽大学特任講師。
オフィシャルHP http://www.hisakokawamura.com/ 【第27回(2008)横浜市招待国際ピアノ演奏会 出演者】


ⓒMarco Borggreve
読売日本交響楽団(弦楽五重奏)
1962年、クラシック音楽の振興と普及のために読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビのグループ3社を母体に設立された。創立以来、世界的な指揮者、ソリストと共演を重ねている。現在、常任指揮者をS.ヴァイグレが務め、東京のサントリーホールや東京芸術劇場などで演奏会を多数開催。2017年11月にはS.カンブルラン指揮のメシアン〈アッシジの聖フランチェスコ〉(全曲日本初演)が好評を博し、『音楽の友』誌の「コンサート・ベストテン」第1位、サントリー音楽賞、レコード・アカデミー賞(特別部門)を受賞した。演奏会などの模様は日本テレビ「読響プレミア」で放送されている。2023年度から横浜みなとみらいホールにて《みなとみらいホリデー名曲シリーズ》の再開を予定している。

読売日本交響楽団メンバー
長原 幸太(ながはら・こうた|ヴァイオリン)他