クリスマス・パイプオルガン・コンサート2022

主催・共催公演

ひかり輝く "Lucy" の音色で祝うクリスマス

カウンターテナーを迎えて

クリスマスに一段と輝きを増すクイーンズスクエアへの来街者に、ホール自慢のパイプオルガン "Lucy" の音色をお楽しみいただくクリスマス・コンサート。 今年度からスタートした「プロデューサーinレジデンス」の初代プロデューサー(2021-2023)である藤木大地をゲストに迎え、新ホールオルガニストとの初共演でおおくりします。

チケット購入はこちら 出演者プロフィールはこちら

公演情報

日時 2022年12月21日(水) 18:00開演(17:20開場)
会場 大ホール
出演 オルガン:近藤 岳
カウンターテナー:藤木大地
曲目 J. S. バッハ:いざ来ませ、異邦人の救い主よ BWV 659
ジグー:ノエルによるラプソディー
J. S. バッハ/グノー:アヴェ・マリア
イングランド民謡:グリーンスリーヴス(御使いうたいて)
J. S. バッハ:主よ、人の望みのよろこびよ*
 ほか
*・・・カウンターテナーとの共演曲
料金 全席指定
一般:2,000円
高校生以下:1,500円

未就学児入場不可
主催横浜みなとみらいホール(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
チケットお取り扱い
お問合せ 横浜みなとみらいホールチケットセンター:045-682-2000
営業時間:月~木、11:00~16:00(祝日・休業日を除く)
出演者プロフィール
近藤 岳(こんどう・たけし|オルガン)
オルガニスト、作・編曲家。 東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。同大学別科オルガン科修了。同大学大学院修士課程音楽研究科(オルガン)修了。2006年文化庁新進芸術家海外研修員としてフランス(パリ)に留学。 国内外でのオルガンリサイタル等のソロ演奏に加え、アンサンブルや国内主要オーケストラとの共演、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションなど、その活躍の場は多岐にわたっている。オルガニスト・作曲家として、オルガンを中心としたジャンルの自作自演、コンサートホール、文化事業財団等からの委嘱作品も数多い。また、邦人作曲家からの信頼も厚く、数々の邦人オルガン作品やアンサンブル作品の初演も手がけ、いずれも好評を博している。2004年7月ミューザ川崎シンフォニーホールのオープン当初から18年3月末までホールオルガニストを務めた。 2020年に刊行されたオルガン教則本『オルガン奏法 パイプでしゃべろう! パイプで歌おう!』(道和書院)の編著者を務め、各方面から高い評価を得ている。 現在、東京藝術大学非常勤講師。国立音楽大学非常勤講師。(一社)日本オルガニスト協会会員。2022年度より2代目の横浜みなとみらいホール ホールオルガニストに就任。
©平舘平
藤木大地(ふじき・だいち|カウンターテナー)
2017年、ウィーン国立歌劇場に鮮烈にデビュー。東洋人のカウンターテナーとして初めての快挙で、大きなニュースとなる。2012年、第31回国際ハンス・ガボア・ベルヴェデーレ声楽コンクールにてハンス・ガボア賞を受賞。同年、日本音楽コンクール第1位。2013年5月、ボローニャ歌劇場にてグルック『クレーリアの勝利』マンニオ役でヨーロッパデビュー。国際的に高い評価を得る。 国内では、主要オーケストラとの公演や各地でのリサイタルがいずれも絶賛を博している。 2021年8月に新国立劇場で世界初演された子どもたちとアンドロイドが創る新しいオペラ『Super Angels スーパーエンジェル』では15歳の少年アキラ役で主演。ゴーレム3役のアンドロイド「オルタ3」との共演は画期的なオペラのかたちを世界へ提示した。バロックからコンテンポラリーまで幅広いレパートリーで活動を展開し、デビューから現在まで絶えず 話題の中心に存在する、日本が世界に誇る国際的なアーティストのひとりである。洗足学園音楽大学客員教授。
©平舘平